krabät

​柄澤 直弥 Naoya Karasawa

​Executive Director,Stylist,Carelist

  • Instagram - Grey Circle

現在スタイリストの仕事以外に、独自の審美眼と感性を用い、会社のデザインにたずさわる。母は洋裁の先生、姉はファッション関係。子どもの頃から通っていた近所の理髪店が、海を感じるお洒落な場所だった。この原体験から、いつも心のどこかで、肌に馴染む空間と、愛着のあるものや服、本やインテリアを求めて来た。美容学校に進み資格は取るも、無限の可能性を感じて東京へ。古着店やさまざまな仕事を経験したのち、フィールドをふたたび美容に定め、名古屋へ帰還。KOCHABで手にした一冊の本との出会いが、運命を確信に変えた。KOCHABを経て、krabatの立ち上げを経験し、同店のマネージャーへ。技術は信頼そのもの。専門的に技術力を高め、お客様へのアドバイスをより心強いものにする。多くの人を可愛く、綺麗に、美しくしたい。それは、きっと生き方を変えてくれるから。旅が好き。いつでも刺激を追いかけていたい。店に本棚があるのは、経験を代弁してくれる写真集や小説やエッセイがあるから。それは古着や季節の花も同じ。感性のアンテナを立て、お客様がひとつでも多くの扉を開けられるように、小さなヒントを無数に用意していたい。

​船戸 省吾 Shogo Funato

​krabät 店長 ,Stylist,Carelist

  • Instagram - Grey Circle

かつて担当してもらった美容師さんの働く姿を見て美容師を志す。「やればできる」と母に言われて育ったため、根っからのポジティブシンキング。人は常に変わり続けられると信じている。オールラウンドプレイヤーを目指し、カットもパーマもカラーもすべての技術力を磨く。その中でもとりわけカットに関しては、ハサミを持ったら後戻りはできない、責任ある1対1のコミュニケーション。お客様が持っているイメージをさらに上回っていくことを、目指す。技術を提供していく仕事なので、つねに日頃からプロとして自分自身の精神的なコンディションを、保てるように調整していく。また、丁寧であることはもちろん、施術の速さも大切。“美しい人”は、男性でも女性でも目標に向かってしっかりと取り組み、やり込むことができる人。頑張っている人は美しく、眩しい。そんな風にお客様を美しく導くことのできる、永遠のプレイヤーであり続けたい。

​都筑 耀介 Yosuke Tsuzuki

​Stylist

  • Instagram - Grey Circle

中学生の頃、くせ毛に悩んでいた時にストレートパーマをかけ、自分の中で世界が広がる感動を得る。心の中の何かが晴れ、前向きになれた。こんなにも人生を変えてしまう仕事は他にない、と美容師を志す。KOCHABを経てkrabatへ。東京での営業や、イベントの手伝いなどアシスタント時代は美容の仕事の範囲を超え、奔走する。好奇心旺盛。大きな原動力は、“お客様がなりたい自分になる”手助けをすること。専門的なカットの技術はもちろん、カラーへのこだわりは特に強く、日々可愛い色を研究し続けている。髪質の改善と、本質的な日々のケア、シャンプーやトリートメントなど信頼をおく商品を一つひとつ、お客様に丁寧に紹介する。あの時自分がストレートパーマをかけ、底知れぬ開放感を味わった想いを、お客様にも感じて欲しい。誰にでも悩みがあり、その数だけ解決方法があることを、伝えたい。ハサミを持つ仕事だからこそ、ふだんから自身の精神面のコントロールを大事にする。旅に出て、見知らぬ街をひたすらに歩き景色ごと吸収する。冬は山へスノボードを抱え出かける。 “美しい人”は、前向きに笑っている人。一人でも多くの“心の底からの笑顔”を引き出していきたい。

​Shunya Tsuchida

​Stylist

  • Instagram - Grey Circle

KOCHABを経てkrabatへ。小中と野球をやっているあいだ中、自分で坊主に刈り上げていた。少し横だけ短くしたり、坊主なりにアレンジしていた。根っからのお洒落好きなので、ジャージを脱いで、私服でお洒落に仕事がしたい、そう思い美容師を志した。デザインや洋服がとにかく好きで、こだわりも強いが仕事への姿勢と意気込みも強い。直線、潔いスタイル、カジュアルなスタイル、マチュアな雰囲気が得意。お客さまのお話をまず、じっくりうかがった後、施術の内容はもちろん、使う道具からプロセスに至るまでしっかり説明していく。一体どんな風に創り上げられているのか納得していただくことが、興味やモチベーションに繋がっていくからだ。最近はデートの前や、結婚式の前など、イベントにあわせてご来店されるお客さまも増えている。日常の中にさりげなく「サロンでお洒落をする」という選択肢が入ってくるのが嬉しいなと思う。自分が着たい服は着心地、質の良さ、定番の良いもの、歴史やバックグラウンドが見えるものがワクワクする。それって実は美容も同じことで、どんなものでも”本物”を見ることが大切だと考える。技術と接客を通して、僕なりに感じている本質的な良いものを、届けていきたい。

​赤木 慎之介 Shinnosuke Akagi

Stylist,Carelist

  • Instagram - Grey Circle

美容師の両親の元で育つ。美容が身の回りにあたり前にある日々の中で、自然と美容師を志す。顔と名前を覚えるのが得意、会話の続きから記憶を蘇らせていくので、一度会ったら忘れません。つねにお客様がどうしたら喜んでくれるか、を考え続けている。自分のことを知ってもらうためにも、自分から“好き”を伝えることを心がける。挨拶もそのうちの一つ。伝えることから、会話が始まる。シャンプー、カラー、パーマまで。お客様のライフスタイルや好み、癖や苦手なものなど興味を持ってしっかり観察し、寄り添う形で心地よいサービスを探していく。“美しい人”とは自分がある人のこと。お客様がお客様らしい状態でいられるように、導いていきたい。道で困っている人がいたら、きっと自分が忙しくても、立ち止まって手を差し伸べる。関わるすべての人が笑顔になるように。

​森 愛梨 Airi Mori

Stylist

  • Instagram - Grey Circle

小学4年生の時に母に「美容師になったら?」と言われた一言をきっかけに、美容を志す。シャンプー、スパ、カラー塗布、パーマ、ストレート、カラー選定、店内の掃除など何でもこなす。目下、“さまざまなことができる力”を育む。なかでも、シャンプーとスパを得意とする。お客様の頭を触ると、コンディションが伝わってくる。スパを施すことで、お客様が入眠したり、頭の疲れを癒していることを実感する時、とても嬉しい。未来を考えた時、人の役に立ち、その人らしい姿を支えることがやりがい。“美しい人”とは理屈ではなく、直感で“素敵だ”と思える人。伝わってくるものがある人は、身のこなしや表情、洋服や心など、全体で“素敵”を放っている。そんな美しさに、お客様を導いていきたい。ふだん涙腺がとっても弱く、悲しくても泣くが、嬉しくても泣く。気持ちに触れる出来事があると涙がこぼれる。花や自然の近くで、四季の移ろいを感じていたい。

​伊藤楓 Kaede Ito

Assistant​

  • Instagram - Grey Circle

幼い頃から美容師だった母の姿を見ながら育つ。小学校の頃から家を出たいという気持ちが強くある自立した少女だった。母のことが大好きで、仕事にも必然的に憧れた。母に切ってもらうと、前髪の厚さが少し違うだけで、周りの反応が驚くほど変わったり、自分の髪の毛に持っていたコンプレックスを、技術をもって解決できる素晴らしい仕事だと感じ、美容師を志す。3年美容室で働いたのち、服や雑貨を扱う店に転職。そこで直面したのは「お客様に求められる思いの深さ、熱量」が違うという体験。お客様に深く向き合うことのできる美容師に、ふたたび復職することを決意して現在に至る。お客様には「実感」を体感して欲しいと考える。言葉を尽くして説明するのではなく、あくまでも、「感じて」もらいたい。そのために、トリートメントやカットの技術を目下、研鑽中。そんな「感じる」世界をイメージし、広げていきたい。美しい人とは、芯を持ったブレない人。そのために美容は、「自信」を持たせてあげられる役割を果たす。お客様には、新しいいろんな自分を知ってもらいたい。そうなることで、きっと世界が広がっていくから。

© 2018 by KOCHAB Group. 美容室/パン屋