KOCHAB

hisaya

柄澤 直弥 

​柄澤 直弥 Naoya Karasawa

​Executive Director,Stylist,Carelist

  • Instagram - Grey Circle

現在スタイリストの仕事以外に、独自の審美眼と感性を用い、会社のデザインにたずさわる。母は洋裁の先生、姉はファッション関係。子どもの頃から通っていた近所の理髪店が、海を感じるお洒落な場所だった。この原体験から、いつも心のどこかで、肌に馴染む空間と、愛着のあるものや服、本やインテリアを求めて来た。美容学校に進み資格は取るも、無限の可能性を感じて東京へ。古着店やさまざまな仕事を経験したのち、フィールドをふたたび美容に定め、名古屋へ帰還。KOCHABで手にした一冊の本との出会いが、運命を確信に変えた。KOCHABを経て、krabatの立ち上げを経験し、同店のマネージャーへ。技術は信頼そのもの。専門的に技術力を高め、お客様へのアドバイスをより心強いものにする。多くの人を可愛く、綺麗に、美しくしたい。それは、きっと生き方を変えてくれるから。旅が好き。いつでも刺激を追いかけていたい。店に本棚があるのは、経験を代弁してくれる写真集や小説やエッセイがあるから。それは古着や季節の花も同じ。感性のアンテナを立て、お客様がひとつでも多くの扉を開けられるように、小さなヒントを無数に用意していたい。

​三輪 英司 Eiji Miwa

Stylist,Carelist

  • Instagram - Grey Circle

始めて行った美容室で美容師に憧れ、志す。お洒落はいつでも、個人的に、気軽に楽しめるもの。そして気持ちを前向きに、生活を豊かにしてくれる。美容師としての高い技術を提供することはもちろん、お客様にとってのお洒落を特別に思ってもらえる機会を創出したい。お客様には心地良い距離感で、寄り添っていく。フランクに話しやすい環境を常に作るように心がける。お客様のテンションをよく観察し、美容院を楽しみにきているのか、行かなきゃならずにいらしてるのか?後者だとしても楽しい!と思ってもらえるように特別な時間を作っていく。カットやパーマはもちろん、カラーも大切なデザイン。お客様の髪の質、薬剤の種類、時間、その日の天気、湿度に到るまで、推測して探り、色づくりをしていく。いわばカラーのレシピ。この組み合わせは一つとして同じものはなく、独自のレシピを開発している。新しく届く薬剤はすぐにチェック、研究をし、細かく分析をしていくことが好き。ガラスは水拭きしてから、乾拭き。掃除は徹底的に行うタイプ。“美しい人”はスタイルを持っている人、自分らしさを持っていること。

2018072727500.jpg
2018072727335.jpg
  • Instagram - Grey Circle

​村上 綾美 Ayami Murakami

​Stylist,Carelist

学生の頃から美容に興味を持ち、美容ひとすじでスタイリストへ。美容室は人によっては“緊張する場所”になってしまいがち。KOCHABはカフェのような気軽さを心がけ、カジュアルなコミュニケーションと、きめ細かい思いやり、チーム全体で接客にあたる。学生さんから主婦の方、仕事されている方など、生活スタイルによって髪のスタイルは大きく変化するため、まずはお客様のライフスタイルをよく見極めること。すべてにおいて大切なのはヘアケア、「ヘアデザイン=ヘアケア」と考えており、パーマやカラーなど薬剤を使う施術をするなかで、ダメージを軽減しながらヘアスタイルを作ることが大切。多くの方が抱える悩みを、髪質を改善していくことでイメージするスタイリングを可能にします。アレンジをしていると、イヤリングやピアスにこんなものがあったらいいな、と思うこともしばしば。最近はアクセサリー作りにも挑戦する。常に可愛らしさをトータルで提案するには、一方通行ではなく、“その人に似合うもの”を総合的に考え、会話をし、たくさんのヒントを用意しておくこと。女性が長く働き続けるための、バランスを考えた働く時間の配分や、未来の働き方も模索している。

  • Instagram - Grey Circle

​森田 真依 Mai Morita

​Eyelist

中学生の頃、アーティストのヘアメイクさんの仕事を知り、人の美しさをしっかり縁の下で支える仕事に憧れる。東京のアイラッシュの専門店を経て研鑽を積み、名古屋KOCHABへ。髪型や、洋服、その人全体をトータルで感じた上で、どんな目にしてあげたいとイメージが湧いてくる。密度、長さ、本数、カール感、カラー、これらの組み合わせで、ミリ単位で印象が変わってくる、目はとても大切な場所。美容室と併設されているアイラッシュのお店だからこそ、トータルで「美」を提供していきたい。“美しさ”とは飾りすぎず、ナチュラルでその人らしさが出ている状態のこと。専門的な技術だからこそ、きめ細かい提案をしていく。

2018070324362.jpg
2019080752108.jpg
  • Instagram

​砂原ひより Hiyori Sunahara

Assistant​

小さい頃から、自分の髪の毛をアレンジしたり、お洒落したりするのが大好きだった。高校の頃は、友人の髪の毛をアレンジしたりメイクをしてあげたり「可愛くしてあげる」ことが大好きだった。美しい人とは、「自分を好きな人」。自分のことを好きである力があれば、どんな人でも美しくなれる。美容を通して、お客様が自分を好きになって欲しいなと思う。人と話すことが好きなので、お客様と会話をしながら、どんなことを考えていらっしゃるのか、少しずつ聞いていきます。性格は元気、良く笑う、そして仲良しの相手には「塩対応」とも。お客様にはそんなことありませんヨ。マッサージも好きです。私も首肩が凝りやすいので、どこが疲れているのかわかります。スパを受けにきてくださった方を、しっかり癒したい。休日は、友人にネイルをしてあげたり、相変わらず興味があることは幼い頃から変わりません。スタイリストになったら、自分の家族を切ってあげたい!

  • Instagram - Grey Circle

小島夕季 Yuki Kojima

Assistant

愛知県出身。美容師を目指そうと思ったきっかけは、母の一言。幼い頃から手先が器用で、髪の毛を編んだりしていた私のことを見て、「美容師さんに向いているんじゃない?」と言ってくれた。歳の近い姉も美容関係で働いている。目下夢中になっているのはカラー。お客様と日々会話をすることが楽しく、直感的にお客様の顔を見て、これが似合いそうだな、と思ってもお客様から意外な答えや、オーダーを頂くこともしばしば。それも含めて、予想できない日々を楽しんでいる。もっともっとたくさん仕事を覚えて、できることを増やしていきたい。目指したいのは、かっこいい美容師。目指す方向性や、進めていく力がある人に憧れる。進む道が見えていけば、視界が開けて凛と歩いていけるのだと信じている。また、チームで働く時は、スタイリストさんのコンディション、お店全体の動きを常に気にしながら、動くようにする。秘訣は事前に“確認をする”こと。指差し確認をすることで、沢山のオーダーを整理して進めていくことができる。友人には明るいと言われるが、自分では意外と慎重な面もあると思う。いつも前向きで、笑顔でいたいと思っています。オフの日は、インスピレーションを探して、音楽を聴くことや映画を観ることが好き。

202101212329.jpg