クリープパーマでデザインするふわふわしっかりウェーブ×セミロング

クリープパーマでデザインするふわふわしっかりウェーブ×セミロング


こんちは! 明治神宮前(原宿)(渋谷)(表参道)の美容室

hair salon abiquiu

店長の淀川純です。


4月コロナウイルスの感染拡大の影響でサロンの営業を自粛しておりました。

約1ヶ月のお休みは自分自身社会人になってから初めてのことでした。

お休みの間、各メーカー・ディーラーの担当の方が美容についての資料や動画のリンクを送ってくださいました。

改めて勉強し直すと新しい発見が沢山ありました。

特にパーマの薬剤設定はもともと好きな技術と言うこともあって、ケミカルの部分を中心に沢山勉強しました。

今まで難しいと思っていた髪質のお客様やブリーチ・縮毛矯正などをしているハイダメージ毛の方にもパーマをかけられるような知識がつきました。


ph,アルカリ度,還元剤の濃度などを調べ直すことで理想的な薬剤の配合を知ることができました。


実際ご来店されるお客様一人ひとり違った髪質なので、その都度改善していくと思いますが、学びのゴールがないところも美容師の面白いところだと思うので引き続き知識を深めていきたいと思います。


最近ご来店されたお客様で思い通りのパーマに仕上がった方にご協力いただいて写真を撮らせていただきました。



【後ろ】



【左側】



【右側】


髪質は柔らかく細めで、弾力のあるウェーブがなかなかでないと言うことでした。

強い薬でしっかりカールを出すのは簡単ですが、せっかく沢山資料見たし、勉強したのでダメージはほぼないくらいの優しい薬剤選定でかけようと思いました。


パーマはアルカリによるダメージが一番大きいと言われています。

今回しようしたパーマ液はアルカリ度が0.3ととても少なく手触りや毛先の質感などもパーマをする前と変わらない位柔らかに優しくかかりました。


今回スタイリング剤として使ったのはこちらのオイルとセラム






みんな大好きN.のポリッシュオイルとセラムのコンビです。

オイルを全体につけて表面やポイントでセラムを足していくつけ方が個人的には一番スタイリングしやすいとおもいます。

スタイリング剤はスタイルや髪質にあわせて変えています!


最近は以前よりも高めの位置からしっかりとしたウェーブのパーマをかける方が増えています。

色々なデザインを楽しんでいただけるようにこれからも薬剤選びや巻き方などトレンドにあわせて変えていきたいと思います。



最後までお読み頂きましてありがとうございました。

abiquiu 淀川

16回の閲覧

© 2018 by KOCHAB Group. 美容室/パン屋