紫外線の頭皮への影響について

最終更新: 2019年7月15日


紫外線対策を


紫外線は春先から急速に増えています。

最近では5月のUV-A量は真夏とほぼ同じと言われ、早期日焼け止め対策が求められています。

皆様、髪に対しても対策は万全でしょうか?

髪にとって怖いのはUV-B。

メラニン色素が分解され髪の色が変わり、活性酸素が発生しキューティクルがひび割れ、手触りや見た目まで大きく損ないます。

その上髪はお顔の5倍以上紫外線に当たっています。

一番怖いのは頭皮へのダメージです。

髪の毛を作る毛母細胞が破壊されると、抜け毛や薄毛の原因に。

色素細胞が破壊されると白髪の原因に。

頭皮は3ヶ月前に受けたダメージが今の状態となっているので、秋口に抜け毛が多いのは夏の紫外線によるダメージです。

髪をまとめて紫外線に当たる面積を小さくしたり、帽子や日傘の使用もとても有効です。

KOCHABには日焼け止めサプリやスプレーもございます。

ライフスタイルに合わせてご提案出来る万全の環境でお待ちしております!



56回の閲覧

© 2018 by KOCHAB Group. 美容室/パン屋